スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブータン現地研修 7月29日(金)~31日(日)

7月29日(金)、30日(土)、31日(日) チェレ・ラ峠 ダショー西岡の仏塔 そして帰国

ホストファミリーとお別れをして、空港のあるパロに向かいました。標高3988mのチェレ・ラ峠を越えて、途中、ダショー西岡の仏塔を見学しました。そして、翌日、タイを経由して日本に帰国しました。

image049.jpg
(標高3988mのチェレ・ラ峠)
image050.jpg
(ダショー西岡の仏塔)
スポンサーサイト

ブータン現地研修 7月28日(木)

7月28日(木) ハでの農村体験

JEEFの活動報告会
日本環境教育フォーラム(JEEF)の松尾さんにブータン王国ハ地域における地域に根ざした持続可能な観光開発プロジェクトの活動を報告していただきました。農家体験の開発やローカルガイドの育成、地元の特産物を活用したお土産の開発、地域における観光素材の開発、地元の人々と観光客の交流の場となるコミュニティーセンターの開発などのプロジェクトの概要を学びました。また、松尾さん自身のブータンでの体験も含めてお話を伺い、ホームステイをするうえでの心構えや注意点を確認することができました。

image025.jpg
(JEEFの活動報告)
image026.jpg
(ハ県ののどかな風景)

チュンドゥ小学校訪問・交流会
JICAの青年海外協力隊員である山本先生が活動するチュンドゥ小学校を訪問しました。山本先生が担当するクラスで子どもたちに折り紙を教えました。また、山本先生から海外で働くことになった経緯やブータンで生活する楽しさや大変さなどのお話を伺い、将来のキャリアについて考える機会になりました。

image029.jpg
image032.jpg
image030.jpg
image031.jpg
(チュンドゥ小学校での交流)

農家でのホームステイ
ハでの一般的な家庭の生活を体験するためにホームステイをしました。各家庭5~6人に分かれて、ハの伝統的料理であるヒュンテ(蕎麦粉を使った日本の餃子のようなもの)を一緒に作ったり、農作業をお手伝いしたりしました。ブータンならではのゆったりとした時間をホームステイ家族の方と過ごし、日本ではあまり考えることのない人とのつながりの大切さを実感する機会になりました。

image037.jpg
(ブータン式ダーツ)
image038.jpg
(小石を使った伝統的な遊び)

ローカルガイドの人たちとブータンの伝統的遊びを体験
日本環境教育フォーラム(JEEF)のプロジェクトで研修を受けたローカルガイドの人たちと一緒にブータンの伝統的な遊びを体験しました。自然豊かな環境の中でのんびりと楽しい時間を過ごすことができました。また、ブータンに読書の文化を広めることを目的に建設されたリード・センター(NGO団体リードが建設した図書館)とヤンタン村のお寺を訪問しました。

image041.jpg
(ブータンの伝統的な家屋)
image042.jpg
(ホストファミリーの方々)
image045.jpg
(家族団らんでゲーム)
image046.jpg
(お別れのあいさつ)

ブータン現地研修 7月27日(水)

7月27日(水) The Bhutan Center for Japanese Studies(日本語学校)での交流会

ティンプー市内で日本語を学ぶブータン人学生との交流会を行いました。まず、中杉の紹介や日本の文化、習慣などをブータン人学生にパワーポイントを使用して発表しました。次に、日本人学生とブータン人学生がグループに分かれ、お互いの学校や将来の夢などについて質問をしながら親睦を深めました。最後に、ブータンの民族衣装であるゴやキラと日本の浴衣をお互いに着せ合い、ティンプー市内を一緒に散策しました。英語やゾンカ語、日本語の3か国語を使用して、お互いにコミュニケーションを図ろうとする姿は、グローバルシティズンシップとして必要な道具としての言語を実感する貴重な体験になりました。
お互いに現在でも連絡を取り合い、帰国後も交流を続けています。

image013.jpg
(日本の紹介)
image014.jpg
(グループに分かれて質問会)
image017.jpg
(日本の遊びを体験)
image018.jpg
(ブータンの民族衣装)
image021.jpg
image022.jpg
(ティンプー市内を散策)

ブータン現地研修 7月26日(火)

7月26日(火)タイからブータンへ:JICAブータン事務所 ティンプー市内観光

タイのバンコクからブータン航空で4時間のフライトを経て山と谷に囲まれたブータン空港に到着しました。まず、空港のあるパロから首都ティンプーに向かいました。ティンプーでは、JICAブータン事務所の塩見さんからJICAのブータンにおけるODA事業やブータン政府によるGNH政策についてお話を伺いました。ブータンでの現地研修で学ぶべき視点を再確認することができました。その後は、ティンプー市内にあるメモリアルチョルテンとタシチョ・ゾンを見学し、ブータンの文化や習慣を学びました。

image005.jpg
(山と谷に囲まれたブータン空港)
image006.jpg
(JICAブータン事務所の塩見さんの講演)
image009.jpg
(メモリアルチョルテン)
image010.jpg
(タシチョ・ゾン)



ブータン現地研修 7月25日(月)

7月25日(月)日本からタイへ

本日から1週間におけるブータンでの現地研修が始まりました。日本から6時間のフライトを経てバンコクのスワンナプーム空港に到着しました。次の日は、ブータンへのフライトが朝6:30のため、空港近くのホテルに滞在し、夕食までの時間にタイの地元の市場を散策しました。

image001.jpg

image002.jpg
(タイの地元の人々と一緒に市場で買い物)
プロフィール

中大杉並

Author:中大杉並
本講座は、伝統文化とグローバル化のバランスと取りながら独特なアイデンティティを築き上げてきたブータンでグローバルシティズン(地球市民)としての価値観を学びます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。